借金の悩みを解消したい!債務整理をする時のポイント!

借金の悩みを解消したい 借金問題に関するコラム

こんな人には債務整理がおすすめ

債務整理がおすすめ

借金の元金が減らない人

借金の返済に困った人を救う方法として債務整理がありますが、債務整理をした方がいい人には共通する特徴があります。

借金の元金が何年も減らずに利息だけを支払い続けている人は、債務整理をなるべく早く利用することをおすすめします。

理由としては元金を減らさないといつまでも借金は減らないので、利息だけを支払い続けることになります。
元金が減らないといつまで経っても完済できないので、借金生活を続けることになります。

無駄な利息だけを支払い続けていても生活は良くなりませんし、生活を立て直すことも難しくなるでしょう。
真面目に借金を返済したいと思っていても、利息だけしか支払うことができない人は、すぐにでも債務整理を検討しましょう。

返済日に返済することが難しい人

借金をするときには甘い考えで借り入れをする人も多く、きっちりとした返済計画を立てないで借金をしてしまうことも多いです。
はじめのうちは何とか返済を続けることができても、いつまでも安定して返済し続けられるとは限りません。

借金をしたときよりも給料が下がったり、ケガをしたことで働けずに収入が減ったりすることもあります。
しかし返済日は待ってくれないので、どんな理由でも毎月きっちりと返済しなければなりません。

返済日になっても返済するめどが立たない人は、直接貸金業者に交渉して返済を待ってもらうしかありません。
しかし一度返済を待ってもらっても次の返済も当然ながら厳しくなるので、結局は返済することが難しくなっていきます。
返済日になっても返済することが難しくなってきたら、まずは無料相談で弁護士に相談してみましょう。

弁護士選びで知っておきたいこと

ホームページで探す

債務整理をするときには弁護士か司法書士に相談することが一般的ですが、初めてのときはどうやって弁護士を探せばいいか悩みます。

基本的には自分でホームページを見て、信頼できると思った弁護士に相談する流れが一般的です。

ネットで検索すれば弁護士事務所の情報がすぐに出てくるので、簡単に見つけることができるはずです。
ホームページで検索することによって、相談する前に弁護士報酬や債務整理の流れなど、分かりやすく説明が載っていることもあります。
弁護士に相談すると費用が心配になりますが、あらかじめ弁護士費用がいくらかかるかも分かるので、安心して相談することができます。

無料相談を利用する

ネットを使って弁護士事務所を選ぶときには、多くの弁護士事務所が出てきます。
その中から自分が信頼できる弁護士事務所を選んで相談することになりますが、ネットで検索しただけでは正直判断することは難しいでしょう。

そこで弁護士選びで知っておきたいことは、無料で弁護士に借金返済の相談をすることができることです。
ほとんどの弁護士は無料相談をすることができるので、まずは気軽に相談してみましょう。

一般人は債務整理の方法や仕組みなどまったく知らなくて当然なので、弁護士が分かりやすく説明をしてくれます。
実際に弁護士に相談をして分かりやすい説明で信頼できると思ったら、そのままの流れで債務整理をお願いすることになります。
もちろん無料相談だけして、債務整理を行わないこともできるので、まずは信頼できそうな弁護士か見極めるために利用してみましょう。

できるだけ多くの弁護士事務所を比較する

どの弁護士事務所にするか決めるときには、できるだけ多くの弁護士事務所を比較することをおすすめします。
弁護士事務所によって支払う金額も変わりますし、債務整理の実績も違います。

信頼できる弁護士は、安心できる料金形態を提示してあり、今までの債務整理の実績が多いことです。弁護士といっても債務整理に強い弁護士もいれば、実績がほとんどない弁護士もいるので、実績をしっかり比較しましょう。

債務整理の種類

任意整理

債務整理の方法のひとつに任意整理があります。

任意整理は貸金業者と和解をして、利息をなくした元金だけで返済計画を新たに相談することです。

メリットとしては利息がないので確実に借金を減らせますし、誰にも知られずに完済を目指せることです。

デメリットとしてはクレジットカードが作れなくなり、新規にローンを組むことができなくなることです。
クレジットカードはなくても生活に支障がないので、実生活では大きなデメリットにはならないでしょう。
貸金業者と和解をしたあとは最長5年をめどに、無理のない返済計画を実施することになります。

個人再生

個人再生は持ち家を持っている人が利用する債務整理の方法で、家を手放すことなく借金額を大幅減額することができます。

借金の5分の1もしくは100万円を、原則3年間で返済することになります。

500万円以内であれば100万円の支払いで済むので、借金の大幅減額をすることも可能です。
個人再生は借金額が多いほど大幅減額ができる可能性がありますし、家を手放さなくていいメリットがあります。住宅ローンは減額することができないので、債務整理の対象外となることに注意しておきましょう。

自己破産

自己破産は債務整理の中でも一番強力な借金整理の方法で、すべての借金を帳消しにする力を持っています。

個人で事業を行ったときに失敗して莫大な借金を背負ってしまうと、その後の人生が借金生活から抜け出せなくなってしまいます。

借金額が多いと利息を返済するだけでも厳しくなるので、自己破産をすることで借金をなくして人生を再出発するチャンスが与えられます。
すべての財産を没収されるので、借金がすべてなくなる代わりに資産もなくなります。

ギャンブルによる借金は、自己破産の対象外となる可能性が高いので注意しましょう。自己破産はまさに裸一貫からやり直すことになる債務整理といえます。

自分に合った債務整理を選ぶ方法

自分に合った債務整理を選ぶ方法

計画的な返済計画を立てられるか

債務整理のポイントとしては、自分に合った債務整理の方法を選ぶことです。

債務整理にはいくつか種類がありますが、弁護士と相談をして最適な方法を選ぶことが大切です。

一定の収入があって計画的な借金返済計画が立てられるのであれば、任意整理がおすすめとなります。
任意整理は誰にも知られることなく最長で5年経てば完済を目指せるので、生活も立て直しやすいです。

利息もないので借金の総額も実質減らすことができるため、借金をしっかり返済したい人にはおすすめできます。
計画的な返済をするには一定の収入があることが条件となるので、返済計画が立てられるかがポイントとなります。

無理をせず長期で返済しても返済総額は変わらないので、毎月の返済額を低くして確実に元金を減らしましょう。
もしも返済が厳しければ自己破産という選択肢もあるので、自分の生活を立て直すための計画が立てられるかをしっかり考えましょう。

自分の財産を残して返済をしたいか

自分で持ち家を所有していて大きな借金を債務整理するときには、個人再生か自己破産をすることになります。

返済能力があるかどうかがポイントとなりますが、個人再生であれば財産を残して借金を減額できます。

500万円以内の借金であれば、100万円の支払いをすることで残りを免除してもらえるので、家を手放すことなく借金を返済できます。
住宅ローンを組んでいる人は、ローン返済と借金返済が重なるので、返済するのは大変になります。

しかし家を手放すことなく大幅に借金額を減らすことができるので、財産を残したい人は個人再生を選びましょう。
ちなみに5,000万円を超える借金は個人再生ができないので、自動的に自己破産を選択することになります。