総量規制は無視できる?多重債務者が総量規制を超えてお金を借りる方法

総量規制は無視できる

あなたは今、どれくらいの借金を抱えていますか?

こちらの記事をご覧いただいているということは、決して少なくはない借金を抱えているのではないでしょうか?

「お金がないからまた借りたいけど、総量規制があるからこれ以上借りられない…」
このようなお悩みを抱えているあなた、実は総量規制にはそれを無視する裏技があるのです。

こちらでその裏技をご紹介いたしますので、どうしてもお金に困って仕方がないという時だけ参考にしてください。

おまとめローンを活用する

多重債務者の多くは、「おまとめローン」を利用しようか考える傾向にあります。

複数の消費者金融から借りているお金を一本化することで、いくつもの消費者金融に毎月返済するよりも月々の返済額が安くなり、負担が少なくなるからです。

しかし、借金の総額が変わらず、月々の返済額が少なくなっているということは、その分返済にかかる年月は長くなり、利息もかかるので総額も膨れ上がります。

メリットとデメリットが明確にありますので、簡単には手を出せないという方も多く見受けられるでしょう。
ただ、この「おまとめローン」に、裏技を実行する秘訣が隠されているのです。

おまとめローンは、仮に3社から借金をしていた場合、その借金を1社にまとめる借金の借り換えを指します。

具体的には、A社から50万円、B社から20万円、C社から10万円借りている状況で、A社の借金を80万円にしてB社とC社からの借金をゼロにする場合。
B社とC社から借りている分のお金は、当然ですがA社から一時的に借りることで完済という形を取ります。

この「返済金を一時的にA社から借りる」点に抜け道が存在します。

まとめても再度の借金が可能

おまとめローンを利用して借金の一本化を実現した場合、恐らくどの消費者金融でもその証拠を提出するよう求められるでしょう。

スマートフォンで借入額がゼロになっている画面を提出する方法や、書面上で完済証明を提出する方法など、その方法は多岐に渡ります。

そうすると前述致しました、B社とC社は総量規制の関係から、借入可能額が0円になってしまうとお考えではありませんか?

実はそんなことはないのです。

たしかに、総量規制がある関係からA社に借金をまとめた場合、その情報は共有され他社からの再度の借り入れが難しくなってしまいます。
ただし、タイムリーに情報が共有されるわけではありません。あくまでA社、B社、C社は別の消費者金融です。

情報の共有には多少なりともタイムラグが発生しますので、しばらくの間は借入可能額が変わらず表示されます。
つまり、A社で80万円の総量規制ギリギリまで借りていたとしても、B社では20万円、C社では10万円の再利用が可能なのです。

もちろん、数日経つと借金をまとめた情報が共有され、B社とC社の借入可能額は0円になってしまうでしょう。
そうなるまでの短い期間を利用すれば、総量規制を無視した借り入れが実現できます。

具体的に総量規制を無視する手順

それでは具体的に、おまとめローンを活用した総量規制を無視する手順をご紹介します。

まずはA社から、B社、C社から借りている分の金額をまとめる、おまとめローンの申請をしてください。

A社の審査に落ちてしまうことも加味すると、B社とC社にもおまとめローンの申請をしたほうが効率が良いでしょう。
そしてA社の審査に通過した場合、B社とC社に返済するための合計30万円を借ります。

その30万円を利用して、実際にB社とC社にそれぞれ20万円と10万円を振り込みましょう。

残借り入れ額が0円になった状態で、スマートフォンのスクリーンショットなどを撮り完済した証拠をA社に提出してください。
その提出を終えた直後、今度は必要な分だけB社、もしくはC社からお金を借りれば総量規制を無視できます。

最近ではネットを利用して気軽に借り入れと返済ができますので、総量規制の無視にもスマートフォンを活用するとスムーズに進められるでしょう。

まとめ

総量規制を無視した借り入れ

総量規制を無視した借り入れの方法をご紹介いたしましたが、上記の方法以外にも銀行系カードローンを利用する方法が挙げられます。

こちらは正攻法とも言える方法ですので、上記の方法に積極的になれない方は、銀行系カードローンの審査も受けてみてください。
ただし、どちらにせよ収入に適した借り入れ額を検討するのは非常に重要なことです。

自己破産してしまわないよう、今以上の借金を止める良い機会だと考えることもできるでしょう。
これを機に一度、あなた自身の生活を振り返ってみてはいかがでしょうか?
耳慣れた言葉だとは思いますが、ご利用は計画的にしてください。