このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 借金の悩みを解消させたい!債務整理で失敗しないためのポイント!

借金の悩みを解消させたい!債務整理で失敗しないためのポイント!

164view

2018.01.16

こんな人には債務整理がおすすめ

返済日に間に合わない人

貸金業者からお金を借りていると、毎月の返済日にきっちりと返済をしなければなりません。

返済が遅れてしまうと自宅や会社に連絡されることもあるので、借金をしていることがほかの人にバレてしまう可能性があります。

誰にも借金をしていることを知られたくない人にとっては、返済日には最低返済額だけでも返済しなければなりません。
どうしても返済日に間に合わないという人には、債務整理をして計画的な返済をすることをおすすめします。

毎月ギリギリの返済ではいつまでも借金が減らないですし、いつまでも借金を完済することができません。
債務整理の中でも任意整理をすることによって、借金があることを知られずに完済できるのでおすすめです。

借金を繰り返している人

貸金業者から借金をしている人は、毎月の返済日にきっちりと返済をしなければなりません。
毎月返済することで利息と元金を減らすことはできますが、生活費に困ればまた借金をしなければなりません。

毎月利息と元金を少しずつ減らしたとしても、また借り入れてしまえばいつまでも借金はなくなりません。
毎月利息だけを支払っている状態となっていれば、借金が減らないので債務整理をした方がいいでしょう。

無理のない返済計画を立てることによって、計画的に借金を減らすことができます。
借金を繰り返すのではなく、少しでも元金を減らさないと借金はなくならないので、繰り返し借金をしている人は債務整理をおすすめします。

何年も借金を払い続けている人

個人が借金できる金額はある程度限られていますが、返済能力によっては借金を完済するまでにはかなりの年月がかかります。
借入当時は年収も多かったのに、数年後に年収が下がってしまえば、返済能力も下がってしまいます。

何とか借金の返済を続けていても、利息があるのでなかなか元金までは減らすことができません。
そのため毎月の返済だけはしっかりと続けているのに、いつまで経っても完済できずに将来に希望を持つことができないでしょう。

何年も借金を払い続けている人は、減額したり毎月の返済額を減らすことができるので、債務整理を考えてみるのもいいかもしれません。

払いきれない借金を背負った人

借金額は人によって異なりますが、事業などで失敗してしまうと個人では払いきれない借金を背負ってしまうこともあります。
いくら頑張っても返済不能な借金を背負ってしまうと、人生のどん底に落ちてしまい、生きる希望を見失ってしまうかもしれません。

自分で払いきれないほどの借金を背負ってしまったときには、債務整理によってやり直すきっかけを作ることができます。
借金が大きくなると将来に対する希望を見失ってしまいますが、減額もしくは返済義務をなくすことによって、やり直すチャンスをもらうことができるのです。
借金の額が多すぎて悩んでしまった人にも、債務整理はおすすめしたい制度です。

弁護士選びのポイント

複数の弁護士事務所を比較する

債務整理をするときには弁護士や司法書士に相談するのが一般的なので、弁護士選びは重要なポイントのひとつです。

どの弁護士に相談すればいいか迷ってしまいますが、自分で複数の弁護士事務所を比較して決めることをおすすめします。

弁護士に相談するのは敷居が高いと思われがちですが、ホームページで検索すればすぐに弁護士事務所の情報にアクセスできます。
調べるとたくさんの弁護士事務所が出てきますが、できるだけ多くの弁護士事務所を比較して決めることをおすすめします。

弁護士によっても能力は違うので、債務整理に強い弁護士もいます。
ホームページを見ることである程度比較することができるので、信頼できそうな弁護士を自分で探し出しましょう。
無料相談できる弁護士であれば気軽に相談することができるので、いろいろ比較してみると良さそうな弁護士事務所を見つけることができるはずです。

弁護士費用だけで選ばない

弁護士事務所を選ぶときには、債務整理をするときの弁護士費用だけで選ばないようにしましょう。
ホームページには債務整理をするときには、どのくらいの費用がかかるか掲載している場合が多いです。

弁護士費用として着手金や成功報酬などがありますが、任意整理をするときには着手金を見ます。
1社いくらという値段で決められることが多いですが、この値段が安ければそれだけ費用を抑えることができます。

1社5万円で4つの貸金業者から借り入れていれば、20万円の着手金が必要となります。これが1社3万円であれば15万円で済むので、安いほど費用を抑えることができるでしょう。

しかし問題は結果をしっかり出してくれるかどうかです。
費用が高くてもしっかりと納得できる結果を出してくれることが大切です。
費用を安く抑えるのもひとつの方法ですが、費用だけで比較して選ばないようにしましょう。

実績のある弁護士に相談する

弁護士を選ぶときに大切なことは、実績のある弁護士に債務整理をお願いすることです。
弁護士によってもそれぞれ得手不得手があるので、債務整理に強い弁護士にお願いしましょう。

任意整理であれば和解条件によっては成功しやすいですし、個人再生や自己破産になると金額も大きくなるので、弁護士にすべてお任せすることになります。
債務整理には任意整理・個人再生・自己破産がありますが、どの債務整理を選ぶかによっても変わってきます。

実績のある弁護士だからこそ最適な方法を選び、きっちりと結果を残してくれるはずです。
自分の人生をやり直すきっかけを作るためにも、信頼できる実績のある弁護士に相談することをおすすめします。

自分に合った債務整理を選ぶ方法

弁護士と相談をして決める

債務整理は自分に合った方法を選ぶことが大切ですが、どんな方法が自分に合っているかは弁護士と相談することで提案してもらえます。

収入があって5年以内に返済が可能であれば任意整理をすすめられますし、マイホームがあって借金額が多ければ個人再生となるケースが多いです。

自己破産をするまでもなく返済計画をしっかり立てることによってやり直すことができるので、安易に自己破産を選ばずにやり直すチャンスを得られます。

虚偽報告をしないことが絶対条件

弁護士に相談するときに大切なことは、弁護士に対して虚偽の報告をしないことです。

借金をしている人はある程度は把握していても、曖昧な部分もあるかもしれません。
しかしあきらかに弁護士に対して嘘をついてしまうと、自分自身の首を絞めることになるので注意しましょう。

無理のない返済方法を立てる

債務整理の中でも比較的多くの人が利用しやすいのが任意整理です。

周囲の人のバレずに借金の完済を目指すことができるので、利用するメリットは多いです。
デメリットとしてはクレジットカードが使えないことくらいなので、生活を見直すきっかけを作るためにも、クレジットカードではなく現金での生活をすることが大切です。

周囲の人に知られずに借金を完済したいのであれば、任意整理をおすすめします。
任意整理をするときに大切なことは、無理のない返済計画を立てることです。

せっかく貸金業者と和解が成立して利息もなくなり、無理のない返済計画を立てることができたのに、返済が滞ってしまっては意味がありません。
任意整理では5年まで分割返済をすることができるので、自分が無理なく返済できる金額にすることがおすすめです。

3年で毎月3万円の返済ができる人でも、5年で毎月2万円の返済にした方が返済も楽になります。
利息もないので毎月確実に返済できる金額にして、余裕があれば貯金をすることができます。
ギリギリの返済計画を立てるよりも、貯金をしながら確実に借金返済をした方が、生活にも安心感が生まれます。

一番重要なのは、正しい情報をもとに行動すること

最後に、お伝えしたいのは、正しい情報をもとに行動するということです。
ネットはとても便利ですが、不正確な情報もあふれています。
間違った情報をもとに行動すれば、間違った結果にしかつながりません。

では、どうしたらよいのでしょうか?

はい。
それは、法律の専門家が書いた記事を参考にすることです。
素人が書いたかもしれない記事よりも、弁護士などを経験した専門知識を持った人の書いた以下のようなサイトの記事を参考にするとよいでしょう。

参考サイト:スカッと債務整理.jp

 

 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る