このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 任意整理で借金はなくならない?それでもおすすめする理由!

任意整理で借金はなくならない?それでもおすすめする理由!

101view

2018.01.16

任意整理は債務整理の方法のひとつ

借金の返済に困ったときは、債務整理のひとつである「任意整理」がおすすめです。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産があります。

個人再生はマイホームを所有している人で、家を手放したくない人が利用することができます。
個人再生をすることで住宅ローンを除いた借金を減額することができます。

自己破産は自分の財産は没収されますが、ギャンブル以外の借金と税金以外の借金を帳消しにすることができます。
どちらも大きな借金を背負ってしまったときには、自分に合った方法で債務整理をすることができます。

任意整理は比較的少額の借金でも、返済するのが厳しくなってきたときに利用します。
業者と和解が成立すれば、最長で5年を目処に返済することができるので、計画的な返済をすることができます。

任意整理のメリット

任意整理のメリット

周囲の人に知られない

任意整理は周囲の人に知られることなく、借金の返済ができるメリットがあります。

誰にも借金をしていることを知られたくない人にとっては、返済が厳しくなってきたことを知られたくありません。

任意整理をすることによって誰にも知られずに、計画的な返済計画を立てることができます。
家族や職場の人に借金があることを知られたくない人にとっては、誰にも知られずに手続きをすることができるのはメリットといえます。

職場で借金があることが分かってしまうと、出世や仕事にも影響する可能性があります。
家族にも内緒で借金をしている人は、借金があることや返済できないとなれば大きなトラブルに発展するかもしれません。

借金に悩んでいる人にとっては、誰にも知られることなく自分で何とかしたいと思います。
任意整理は誰にも知られることなく完済を目指せるので、借金に悩んだら任意整理をすることを考えてみましょう。

計画的な返済ができる

任意整理のメリットのひとつに、計画的な返済ができることが挙げられます。
借金の返済に困っている人は、自分で返済計画を立てたにもかかわらず、借金の返済に困っている人たちです。

そこで弁護士と一緒に返済計画を立てることによって、無理のない返済計画で借金の完済を目指すことができます。
無計画にお金を借りたことによって返済が厳しくなっているので、しっかりとした返済計画を弁護士と一緒に考えます。

計画的に借金の返済を行うことによって、数年後には確実に完済できるのが任意整理の特徴のひとつです。
自分一人では完済するのが難しい人にとって、任意整理をすることによって確実に返済を続けることができます。

利息を払わなくていい

借金をすれば必ず利息を支払うことになりますが、任意整理をすることで将来にわたって利息を支払わなくて済みます。

任意整理をした時点で利息を除いた借金の残金を計算し、その借金額を計画的に返済していきます。

今まで毎月の返済日に最低金額だけを返済してきた人は、主に利息だけを返済してきたことになります。
そのため元金を減らすことができないので、なかなか借金の返済が終わらないのです。

しかもお金に困ればまた借り入れをすることができるので、いつまで経っても利息しか支払わない状態が続いてしまいます。
任意整理をすることによって利息を支払うことがなくなるので、確実に元金を減らすことができます。
そのため数年後にはきっちりと完済を目指せるので、支払いの総額も少なくなりますし、確実に借金を減らせるメリットがあります。

弁護士に相談できるので安心

一般的には任意整理をするときは、弁護士か司法書士に相談をすることになります。

弁護士報酬を支払うことになりますが、難しい手続きや交渉などもすべて弁護士にお任せすることができるので、任意整理をするときには弁護士にお願いすることをおすすめします。

借金で悩んでいる人の多くは誰にも相談できずに、一人で悩みを抱えている人が多いです。
家族にも内緒で借金をしてしまった人は、誰にも相談できずに不安な毎日を過ごしてきたはずです。

任意整理をすることで借金の悩みを弁護士に相談することができるので、一人で借金の返済に悩んでいた人にとっては精神的にも楽になります。

任意整理をしていることは誰にも知られることもないですし、弁護士に相談できることで不安な生活から希望を見出すことができます。

任意整理のデメリット

クレジットカードやローンが組めない

任意整理をすることによってクレジットカードが作れなくなったり、新たにローンを組めなくなるというデメリットがあります。

借金の返済に困った人に新たに借金をさせないための措置ですが、任意整理後は現金払いでの支払い生活となります。

元々クレジットカードを持っていない人にとっては、デメリットにはなりません。
基本的には5年以上は新たなクレジットカードを作ることや、新規のローンを組むことができません。

任意整理のメリットを考えるとそれほど大きなデメリットとはなりませんが、現在クレジットカードを使用している人は、急に使えなくなる可能性があるので注意しましょう。
特に公共料金などクレジット払いにしている人は、任意整理をしたらすぐに変更することをおすすめします。

借金がなくなるわけではない

任意整理は貸金業者と和解案を結ぶことで、利息をなくす代わりに元金をしっかり返済するという契約を新たに結ぶことです。

そのため計画的な返済計画が立てられるのですが、ほかの債務整理とは違って借金をなくすことや減額することはできません。

あくまでも借金を返済して完済することが目的なので、一定の返済能力がない人でなければ利用することができません。
最長で5年間の返済計画を立てますが、確実に返済を行うことが条件となるので注意しましょう。

任意整理をおすすめする理由

トータル的な返済金額を少なくできる

借金返済に困ったときに利用する任意整理は、トータルの返済金額を減らすことができます。

任意整理を利用しない場合は、利息を含めた金額を返済し続けることになります。
多くの場合はリボ払いによって返済をしているので、借金の額が多ければ利息も多くなります。
任意整理をすることによって利息をなくした元金だけを返済することができます。

そこに弁護士への報酬を支払っても、最終的な返済金額は少なくすることができます。
利息をなくして元金だけを確実に返済できることは大きなメリットなので、借金を繰り返している人にとっては任意整理をおすすめします。

実際に任意整理をすることのデメリットは、ローンが組めずクレジットカードが作れないだけです。
借金額を減らすことができることを考えれば、任意整理はできるだけ早く利用することをおすすめします。

無理のない返済で完済を目指せる

任意整理をおすすめする理由としては、計画的な返済を続けることができることです。

利息を除いた借金の残金を、最長5年をかけて返済していきます。
3年で返済できる人でも5年間の返済計画を立てることによって、毎月の返済金額を抑えることができます。

利息がかからないので、毎月の返済金額を少なくすることで無理のない返済を続けることができます。
返済額を抑えることによって自分でも貯金をすることができるので、精神的にも余裕が出てくるでしょう。

今まで借金に苦しんできたときは貯金もない状態だったので、何かあったらどうしようという不安しかありませんでした。
任意整理をすることによって、借金を返済しながら貯金もできるのは大きなメリットといえます。
数年後には確実に完済することができるので、将来の生活にも希望を見出すことができるはずです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る