債務整理を相談するのはどこ?弁護士に相談するメリット・デメリット

借金問題は身近 借金問題に関するコラム

借金問題は身近にも存在している!?

借金問題は身近

債務整理とは、自己破産や任意整理、個人再生などがあり、借金で多重債務に陥った時などに、法的に借金を減らすことのできる手続きです。

さらに、借金の状況や内容によっては、借金を減らすだけではなく、過払い金の返還がある場合などでは、借金がゼロになるケースもあります。

また、借金問題で悩んでいる人は、私たちの身近にもかなり存在していると考えられます。さらに、家族に内緒で借金を重ねているというケースも、決して珍しくはありません。

債務整理ができる人の条件について

債務整理を行うと借金を減らすことができますが、中には債務整理をしたくてもできないケースがあります。
それは、クレジットカードなどのキャッシングで多額の借金をしていても、順調に借金を返済できる人の場合は、債務整理を行うことができないケースもあります。
債務整理を行いたい場合には、それが行える条件や状況がなければ実行できません。

債務整理を行えるケースというのは、以下のような場合です。

  • 借金を滞納していて返済が滞り、督促状が届いている状況
  • 多額の借金を重ね、返済することがもはや不可能な状況
  • 借金の返済は何とかできているが、自転車操業で生活が困窮している場合
  • 過払い金が発生している可能性がある場合

以上のようなケースが該当している人については、債務整理できる可能性があると考えられます。

債務整理について相談したい場合はどうすればいいの?

債務整理について相談したい

実際、債務整理を行いたい場合、まずはどこに相談すればいいのでしょうか。

地域の自治体の無料法律相談を利用

まず、自分の住んでいる地域の自治体などで、無料法律相談をしていないか調べましょう。
大抵の市町村では、月に1回程度、弁護士による無料法律相談を開催しているところが多いです。
これは、市町村のHP上に掲載されていることも多いため、インターネットなどで調べてみましょう。

また、基本的にこのような無料相談は事前申し込みになっていることも多いため、事前に電話やメールなどで連絡し、借金問題に関する件で相談したいという旨を伝えておけば、債務整理に長けた弁護士に相談できる可能性があります。

ただ残念なことに、このような無料相談の場合は、相談時間が限られています。
そのため、相談の際には、現在の借金額がわかる資料や、収入の状況がわかる給与明細や通帳、貸金業者のカード、クレジットカードなどを準備してから行くといいでしょう。

法テラスを利用

法テラスは正式名称を日本司法支援センターといい、国が設立した公的な機関で、法律関係の相談窓口となっています。
法律に関係する手続きや、一般的には分かりづらい法律用語などの解説など、誰でも安心して利用することができます。
また、無料の法律相談を行っていたり、弁護士費用の分割払いの制度などもあります。

法テラスで、借金問題で困っていることを伝えると、弁護士の紹介などもサポートしてくれます。
法テラスのHPも開設されているので、興味のある人はインターネットで確認してみてはいかがでしょうか。

弁護士に債務整理を依頼するメリットについて

弁護士に債務整理を依頼するメリット

弁護士に債務整理を依頼するメリットについては、以下の通りです。

弁護士に全て任せられるので依頼者の負担が軽い

債務整理を弁護士に依頼する場合、弁護士が依頼者の代理人となり、貸金業者と直接交渉を行うことになります。
そのため、依頼者は交渉の場に出なくてよいため、精神的な負担も軽くなります。
また、家族や職場など、周囲に知られることなく債務整理を進めていくことができます。

借金の督促がストップする

債務整理を弁護士に依頼した場合には、弁護士によっては、借金問題を相談したその日からすぐに対応してくれる場合もあります。
弁護士が依頼人の代理人となった場合、債権者に対してすぐに受任通知を発送します。

この受任通知というものが、債務者にとってはかなり重要なポイントです。
なぜなら、債権者はこの受任通知を受け取った時点で、借金の督促ができなくなるからです。

毎日のように借金の督促に苦しめられていた債務者にとっては、借金の督促がストップすることは、精神的にもかなり楽になるでしょう。
さらに、債務整理の手続きに入ると、一時的に借金の返済をしなくてよくなります。

弁護士は法律の専門家なので迅速に対応できる

弁護士は法律の専門家なので、非常にスムーズな手続きや対応が期待できます。
また、弁護士事務所は多数ありますが、弁護士には基本的に得意分野というものがあるため、債務整理を行う際には、自己破産や任意整理、個人再生などの債務整理を専門にしている弁護士に依頼するのがおすすめです。

債務整理を専門にしている弁護士であれば、借金問題に関するさまざまな事情を把握しており、債権者との交渉術にも長けているため、債務整理をスムーズに進めてもらうことができます。

弁護士に依頼した場合、対応できる金額に上限がない

債務整理などの借金問題については、司法書士に依頼するという方法もありますが、司法書士に依頼した場合は140万円以上の過払い金返還請求などを担当することはできません。
金額の上限に関係なく対応できるのは、弁護士だけです。

弁護士に債務整理を依頼するデメリットについて

債務整理を依頼するデメリット

弁護士に債務整理を依頼するデメリットについては、以下の通りです。

債務整理した貸金業者からは二度とお金を借りられない

基本的に、過払い金返還請求などの債務整理した貸金業者からは、今後一切お金を借りられなくなります。
ただし、これは弁護士に依頼したからというわけではなく、個人で債務整理をした場合についても同じです。

この過払い金とは、過去にグレーゾーン金利という高金利で、貸金業者から借金をしていた場合に発生します。
そして、その時に、利息を払い過ぎている場合に、過払い金の返還請求ができます。

現在は法改正されており、グレーゾーン金利はなくなっているため、ほぼ過払い金発生の心配はありません。
しかし、過去長期間に渡り多額の借金をしている人は、過払い金が発生している可能性が高いのです。
そして、過払い金返還請求をした場合には、その貸金業者から、今後二度とお金を借りられなくなるのです。

借りる側としても、その貸金業者からはもう二度と借金したいとは思わないため、お金を借りられなくなったとしても、デメリットとはいえないかもしれません。

弁護士費用が必要になる

弁護士費用というものは、大抵の人が思っているように安くはありません。
また、借金をしている場合には、高額な費用が発生するかもしれない弁護士に相談などできないと考えてしてしまうかもしれません。
弁護士事務所の多くは、初回の相談料は無料と謳っていますが、それ以降については、一般的に30分5,000円程度が相場とされています。

しかし、借金に苦しんでいる人の多くが弁護士に相談し、その弁護士費用を返済できているという事実もあります。
それは、弁護士に依頼した時点で借金の督促がストップするため、今まで借金の返済に充てていたお金をそのまま弁護士費用に充てることができるからです。

さらに、弁護士事務所の中には、分割払いができるところや、依頼者が支払える金額で支払っていくことも可能なため、弁護士費用の返済がそこまで難しくなることはありません。
基本的に借金問題を解決したい場合には、弁護士費用よりも、弁護士に相談することによって得られる効果のほうが大きいといえるでしょう。