アヴァンス法務事務所の口コミや評判は信用できるか検証|電話対応は!?

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所は、過払い金請求や任意整理に強いでしょうか?

口コミや評判の調査はもちろんのこと、実際に無料相談を利用して検証しました。

はたの法務事務所と費用の比較や、メリットやデメリットも併せて参考にして頂きたい他には無い記事です。

アヴァンス法務事務所の口コミや評判は信用できる?

アヴァンス法務事務所の口コミや評判は賛否両論で、本音を言えば相当苦戦しました。

ネット上にある口コミや評判は、書き込みをした人物の実名は勿論のこと年齢さえも分からないものが大半です。
そのことから、「本当」「ウソ」の判断がつけにくかったと言えます。

とはいえ、全てがウソだとも限りませんから情報収集の為に2ch(今は5ch)やYahoo!知恵袋を中心に閲覧しました。

本音で書かれている口コミや評判を調べた結果

2chやYahoo!知恵袋を実際に利用したことがなくとも、一度は名称を聞いたことがある人が多い程の巨大掲示板です。

あれだけの規模の掲示板ですから、書き込みの中には根拠のない偏見や具体性のない悪口や私怨を感じるものもありました。
私から見て、明らかに信憑性がないものは判断材料から省きました。

そして、具体性のある本音の口コミと思われるものをまとめましたが、意外な結果が見えてきました。
あなたは、「2ch」といえば何を想像しますか?

あなたが想像する通り、2chといえば毒舌コメントが当たり前のように飛び交っている掲示板ですよね。
私は、アヴァンス法務事務所についても当たり前のように毒舌のコメントが多数書かれていると考えていました。

ところが、実際は全く違います。

むしろ根拠のない噂に対して反論するコメントや、実際に利用して正解だったという声が多数見られたのです。
Yahoo!知恵袋に関しては、ほとんどがアヴァンス法務事務所に関する質問でした。

しかも、回答内容が的外れだったり「この人は本当に理解して答えてる?」と疑問に感じるものが多い印象でした。
結果的には、残念ながら口コミや評判からはアヴァンス法務事務所の実態を探る有力な手がかりは無かったといえます。

アヴァンス法務事務所について悪く書かれている口コミや評判の真相は?

アヴァンス悪く

アヴァンス法務事務所について情報を集めていると、「非弁行為」「事件」というキーワードが目に飛び込んできました。

最初見た時は、正直驚きました。

その記事を詳しく読み進めると、「弁護士からの嫌がらせ」「弁護士のやっかみ」といったことも記されていました。
アヴァンス法務事務所の非弁行為については、ニュースにもなっており内容はこのようなものです。

アヴァンス法務事務所(大阪市中央区)の事務員が、無資格で法務をしたと疑いをかけられたのです。
大阪弁護士会が運営法人と代表ら5人を弁護士法違反(非弁活動)容疑で告発しました。

しかし、嫌疑不十分で不起訴処分となっています。

これについて、実はアヴァンス法務事務所に実際に電話で聞いてみました。
ニュースにもなったことだし、答えてもらえないかもしれないと思っていました。

しかし、この質問に対してアヴァンス法務事務所では快く回答してくれました。

その回答は以下の通りです。
「そのような事実は一切ありません。その証拠が不起訴処分という結果です。ですから安心して利用して頂きたく思います。」

ということでしたので、これだけハッキリと潔く回答してくれたということは私は信じても良い気がします。

もし本当に自分たちに非があるとしたら、ここまでハッキリと答えられたでしょうか。
私なら、曖昧にしてしまうか答えること自体をしなかったかもしれません。

少なくとも、普通なら答えにくい質問に対して正々堂々と答えて下さった姿勢は評価すべきではないでしょうか。

アヴァンス法務事務所は弁護士事務所じゃないの?

アヴァンス法務事務所は、弁護士事務所ではなく「司法書士事務所」ですが、それを知らない人は非常に多いです。

債務整理についての知識が全くない人に限らず、ネット上の掲示板で回答している側のユーザーも例外ではありません。
回答するからには、司法書士事務所と弁護士事務所の違いぐらいは知った上で責任を持って正しい回答をしてほしいものです。

見た目は似てますが、司法書士事務所と弁護士事務所では異なる性質を持っていますので別物になります。

司法書士事務所は「法務事務所」。
弁護士事務所は「法律事務所」です。

「法務」と「法律」の違いですね。

アヴァンス法務事務所は、「法務事務所」ですから司法書士事務所となります。
あなたが掲示板を閲覧する際には、少なくとも法務事務所と法律事務所の違いが分かってる人の回答を見るべきです。

ただし、それを分かっているからといって正しい回答をしているのかは別問題ですよ。
一番良いのは、不明なことはネット上の不確かな情報を頼りにするのではなく自分で電話するなどして確かめることです。

ネットの情報だけを頼りにしていると、全てが正しい情報とは限らないので逆に混乱してしまう場合が多々あります。
これだけ情報に溢れている時代を生きていくには、正しい情報を見極める力や自分で調べる力も身に付けるべきでしょう。

2分でわかる司法書士を利用するメリットとデメリット

2分でわかる司法書士

司法書士を利用するメリットとデメリットを紹介しますが、あくまでも借金問題を解決する「債務整理」についてです。

ちなみに、司法書士も弁護士も法律に詳しいからといって全ての分野が得意だというわけではありません。
それぞれの事務所により得意分野があることも覚えておきましょう。

デメリット

司法書士は、借入している業者1社あたり140万円までしか対応できない。

過払い金請求についても額の制限は同じです。
あくまでも「1社につき」ですから借金の総額ではありません。

総額で140万円を超えていても、1社140万円を超えていなければセーフです。
また、司法書士は、法的整理である自己破産や個人再生をする際に本人の代理人にはなれないことも挙げられます。

メリット

弁護士事務所よりは費用が安いといわれている。

こうして見ると弁護士事務所の方が良いのでは?
と思ってしまいますよね。
しかし、そうともいえません。

理由を説明しましょう。

債務整理(さいむせいり)には4つの手続きがあります。
裁判所を通さずに行える「過払い金請求」や「任意整理」の場合は司法書士でも十分役割を果たしてくれるからです。

何よりも、弁護士よりも費用が安いのが一番大きなメリットだといわれています。

自己破産や個人再生の場合は裁判所を通しますから、代理人として動ける弁護士を利用した方が早いでしょう。

このように、選択する手続きによっても変わってくるわけです。

アヴァンス法務事務所の無料相談で質問をぶつけてみた

電話無料相談電話するビジネスマン

実際にアヴァンス法務事務所の電話無料相談を利用しました。

驚いたのは、無料相談のレベルの高さです。
過去にいくつもの事務所に無料相談してきましたが、アヴァンスの窓口のレベルの高さは群を抜いていました。

とにかく、借金にまつわる知識が桁外れに豊富だったのがビックリです。
実は、女性専用無料相談窓口に合計3回、全国無料相談窓口に合計2回電話をしました。

もちろん全て無料でした。
「何度でも相談無料」というのは本当だと分かりました。

女性専用相談窓口は、3回中2回は同じ女性の対応でした。
残りの1回は違う女性でしたが、どちらも同じように知識が豊富で1つの質問に対し徹底的に説明してくれました。

全国無料相談窓口の方は、1回目は年配の男性が電話に出てくれました。
2回目は比較的若い男性が対応してくれたのですが、こちらも事務員とは思えないぐらい知識が豊富で親切でした。

女性専用窓口では全く気になりませんでしたが、全国無料相談窓口の男性は大阪ならではのイントネーションが印象的でした。

タイミングにより東京の支店に繋がる場合もあるそうですが、今回は全て大阪の本社に電話が繋がっていました。

今回の無料相談は「任意整理」を考えている相談者として電話をしています。
回答は全て任意整理を前提とした回答になりますのでご了承ください。

質問内容と回答を解説付きで紹介

① 時効援用とは何?

時効援用というもの自体は「これは時効ですよね」と主張するだけのものです。

時効といえる債権は未払い期間が5年以上が対象です。
ですから、「まだ3年なので時効じゃないですよ」と言われてしまえば「払う」か「自己破産」の2択になります。

因みに、既に裁判を起こされている債権の場合の時効期間は10年に延びるそうです。

② 2回目の任意整理ですが可能?

1回目の任意整理をしたのが何年前なのかにより変わってきます。

基本的には5年以上経過していて完済しているならば可能です。
しかし、任意整理をするからには和解後に返済をしていけるのかが一番大事なポイントになります。

2回目の任意整理となると返済期間も短めに設定される可能性もあるので、返済していける見込みがあれば可能だということです。

③ 既に債権回収会社に債権が移行されていても任意整理できる?

問題なく手続きできるそうです。

④ 任意整理のメリットは何ですか?

細かくいうと他にもありますが、主なメリットは、裁判所を通さなくても良い、家族にバレずに手続きできる、財産は残せることが挙げられます。

そして、任意整理をかける債権者を選ぶことが可能である点もメリットです、
例えば、家賃に関して契約をしているカード会社まで任意整理をすれば退去になる可能性大です。

車のローンを任意整理した場合なら、車を取られてしまいます。
それを防ぐために「この債権者は任意整理をする」「この債権者は任意整理をしない」と選べるということです。

⑤ ヤミ金の対応していますか?

アヴァンス法務事務所では、ヤミ金の対応はしていないとのことです。

⑥ 借入件数が多くても大丈夫?

借入件数が○件以上あるからといって、依頼を断るということはないそうですから大丈夫です。

⑦ 出来れば最後まで同じ司法書士に面倒見てほしいのですが可能?

残念ながらアヴァンス法務事務所の司法書士は担当制ではないとのこと。

あなたの依頼分を司法書士みんなで見ていける仕組みです。
理由は、一人の司法書士を担当にしてしまうと担当の司法書士のスケジュールにより依頼者を待たせてしまうことがあるからです。

少しでも早く解決したいと願う依頼者のことを考えて、担当制にはしていないということです。

⑧ 正直なところ、任意整理には強いの?

過払い金請求だけではなく、任意整理も特化して業務を行っていますから安心して頂いて大丈夫とのことです。

⑨ 地方に住んでいる場合にも相談可能?

相談自体は全国対応なので可能です。

ただ、自己破産等の場合は必ず面談が必要になりますので、一度は必ず司法書士と会うことになります。
しかし、相談者の中には怪我や長期入院の為に事務所まで直接行けない場合もあります。

その場合には出張面談をしてくれますが、交通費は負担する形になります。
任意整理の場合も司法書士と顔合わせて面談をした方が良いです。

けれど、やむを得ない事情もありますよね。
その時は、電話でのやり取りで依頼を受けてもらえるケースもあるとのことです。

↓任意整理のご相談

↓過払い金のご相談

↓女性の債務整理のご相談

「アヴァンス法務事務所」と「はたの法務事務所」を比較検証してみた

比較検証男女

「アヴァンス法務事務所」も「司法書士法人はたの法務事務所」も、過払い金請求や任意整理を得意とする法務事務所です。

比較してみたので参考になればと思います。

アヴァンス法務事務所

無料相談
ヤミ金対応 ×
女性専用窓口
電話対応
事務所情報 大阪と東京に2つ事務所があります。
各事務所の業務内容は同じだということは電話で確認済みです。

費用

・過払い金請求
減額報酬 12万円以下の場合 0%
減額報酬 12万円より多い場合 20%
訴訟の場合 22%
・任意整理
着手金 1社39,800円
手続き報酬 1社10,200円

※別途事務手数料が必要
(最初の1社は20,000円、2社目からは1社10,000円)
※保証人がついている場合や訴訟を起こされている場合など特殊債権の場合は別途追加費用(15,000円)が必要

司法書士法人はたの法務事務所

無料相談
ヤミ金対応 ×
女性専用窓口 ○※女性スタッフの用意がありますので、女性を希望すれば電話を繋いでくれます。
電話対応
事務所情報 東京の事務所のみですが、過払い金請求や任意整理に強い司法書士事務所です。

費用

・過払い金請求
基本報酬  0円
過払い報酬 20%

10万円以下の場合 12.8%
※別途10,000円の計算費用が必要

・任意整理

基本報酬 1社20,000円~
※「20,000円~」となっていますので要事前確認
(借入件数により異なる)

比較まとめ

今回は、はたの法務事務所にも電話をしてみました。

アヴァンスは良い意味で、いかにも「事務員です!」という印象です。
一方、はたの法務事務所は良い意味で堅苦しい感じではありませんでした。

私の個人的な感覚にはなりますが異なる雰囲気でしたから、これは完全に相談者の好みによると思われます。
費用に関しては、若干はたの法務事務所の方が安いと感じますが個人状況により異なるため必ず事前に確認しましょう。

特に任意整理の基本報酬が「20,000円」ではなく「20,000円~」と記載されていますから注意しましょう。
これについて電話で聞いてみました。

借入の総額が10万円までなら2万円ですが、借入が1社につき10万円以上の場合は、借入件数により基本報酬に違いが出るとのことでした。
具体的な金額は人によるので、相談時に必ず確認する必要がありますね。

アヴァンス法務事務所が向いている人・向いてない人

アヴァンス法務事務所に実際に電話をして分かったことを基に考えてみました。

アヴァンス法務が向いている人

  • 納得いくまで説明を聞いてから決めたい人
  • 女性専用の窓口を選びたい人
  • 少しでも早く効率的に手続きを進めたい人
  • 親身に相談を聞いてほしい人
  • 砕けた言葉で対応されるのが嫌いな人
  • 進行状況を確認しながら進めたい人

※アヴァンス法務事務所には「WEB進行状況照会サービス」があります。

アヴァンス法務事務所が向いてない人

  • ヤミ金の対応をしてほしい人
  • 自己破産や個人再生の手続きになる可能性が非常に高い人
  • 詳しい説明は面倒くさいし不要だと考えている人
  • 任意整理をしても返済していく気がない人
  • 弁護士じゃないと絶対に嫌な人

アヴァンス法務事務所の基本情報と費用

アヴァンス法務事務所は、本社が大阪にあります。

東京にも支店がありますが、電話で聞いた限りでは大阪も東京も業務に違いはないということです。
どちらの事務所にも司法書士が必ず在籍していることも電話で確認しました。

相談窓口もまとめておきました。

事務所名 アヴァンス法務事務所
代表 認定司法書士 姜 正幸
所属 大阪司法書士会所属 第4065号
認定番号 簡裁訴訟代理関係業務認定番号
第312005号

大阪(本社)

住所 大阪市中央区北浜2丁目2-22
北浜中央ビル3F
電話番号 0120-964-564 全国無料相談
0120-964-664  女性専用無料相談
営業時間 平日 9:30~21:00
土日祝 9:30~19:00
メール相談(公式サイト) https://avance-jud.jp/service/
最寄駅 京阪本線 「北浜」駅
地下鉄堺筋線 「北浜」駅
※地下鉄堺筋線、京阪本線「北浜」駅下車2番出口すぐ

東京(支店)

住所 東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー 5階
電話番号 0120-963-963
営業時間 9:30~21:00
※土日祝日の面談は事前予約
最寄駅 新宿駅 徒歩5分
代々木駅 徒歩5分
南新宿駅 徒歩8分

費用一覧(全て税抜)

過払い金請求

着手金 0円(完済後の場合)
成功報酬 戻った過払い金が12万円以下の場合 0%
戻った過払い金が12万円より多い場合 20%
訴訟により戻った場合 22%

※1債権者あたり別途50,000円
※過払い金を返金する振込手数料に関しては依頼者が負担することになる
※訴訟を提起されてるなどの特殊債権は別途追加費用がかかる場合もある

任意整理の費用

着手金 1社39,800円
手続き報酬 1社10,200円
減額報酬  0円

※別途事務手数料がかかる(最初の1社は20,000円、2社目~1社10,000円)
※保証人がついていたり訴訟を起こされているなどの特殊債権の場合は別途追加費用(15,000円)が必要

・個人再生

費用 330,000円
住宅資金特別条項を利用する場合
380,000円
予納金、申立印紙代などの実費
30,000円程

※事件内容により別途追加料金が発生する場合もある
※債権者が10社を超える場合は別途見積りが必要

・自己破産

手続き費用 270,000円
予納金、申立印紙代などの実費
30,000円程

※管財事件の場合は管財人の選任が必要で別途費用が必要
※債権者が10社を超える場合は別途見積りが必要

・時効援用

着手金 1社25,000円

補足として

アヴァンス法務事務所の費用は、個人により多少の変動があります。
借入件数にもよりますし、必ず相談の段階で確認しましょう。

参考までに、アヴァンス法務事務所の解決事例集を紹介しておきます。
(公式サイト内)
https://avance-jud.jp/case/

アヴァンス法務事務所の無料相談から解決までの流れ

アヴァンス法務事務所に無料相談してから解決に至るまでの流れになります。

債務整理をした際には、多くの人が心配することがあります。
それは「進行状況」についての不安です。

「自分は今どの段階なんだろう」「あとどれぐらいで解決するんだろう」と、凄く気になりますよね。
でも、アヴァンス法務事務所なら安心ですよ。

「WEB進行状況照会サービス」があるからです。
http://xn--boqq45bpgdk4s.net/company/avance.php

ウェブ上で進行状況を知ることができるのは画期的ですし、非常に親切なツールだと感じました。

解決までの流れ

STEP1・無料相談

STEP2・司法書士との面談・債権内容の確認

STEP3・契約手続き・今後の注意点の説明

STEP4・受任契約・受任通知発送
※ここで債権者からの督促がストップ

STEP5・債権調査

STEP6・方針決定

STEP7・和解交渉

STEP8・解決
※和解で決められた内容で返済が開始

結論!アヴァンス法務事務所は安全

アヴァンス法務事務所について時間をかけて、じっくりと検証してきましたが結論から言うと安全だと解りました。

ウェブ上で現在の手続きの進行状況を知ることが出来るツールも便利ですね。
それに、女性専用の窓口があるというのも大きな強味だと感じました。

事務所によっては上から目線だったり、とても相談できる雰囲気とは言えないところも実際にあります。
しかし、アヴァンス法務事務所は違いました。

悪い評判についても、問題がなかったということを直接聞くことができたので安心しました。
全く債務整理の知識が無い方でも、しっかりと説明してくれるので安心だと私は思いますよ。

↓任意整理のご相談

↓過払い金のご相談

↓女性の債務整理のご相談

.

借金返済の悩み!無料で相談できるおすすめ弁護士&司法書士一覧
土日も無料相談に対応している”おすすめの弁護士&司法書士事務所”の一覧です。債務整理において弁護士と司法書士、どちらを選ぶべきかも考察してみました。他にも、ブラックリストに関する情報や無料相談の豆知識など、借金問題の解決にまつわる”気になること”をまとめています。